FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
自然な義歯症例
福岡県飯塚市にある、医療法人社団栄光会 ハート歯科クリニックいまい (矯正歯科、インプラント、小児歯科、予防歯科、審美歯科)です。
s1 s3
s2図2

今回は70代女性Aさんの症例です。
食事をしたときに味を感じにくい上の入れ歯を小さくしてほしい
ということで来院されました。
上の前歯にはバネ(クラスプ)がかかっており、
上あごは全体的に入れ歯で覆われています。
そこで今回は、半固定式となるAGCテレスコープコーヌスデンチャーという
新しいタイプの入れ歯です。
s7
支えとなる歯に三重構造の維持装置を作成します。
支えになる歯を削り、上にキャップ(内冠)をかぶせます。 次にその上に純金のキャップ(AGC)をつくり、
入れ歯の金属フレーム(外冠)を作製します。
内冠+AGC+外冠の三層構造から作られる入れ歯は
付け心地も、フィット感も良く
違和感の原因となるバネ(クラスプ)はありません。

外冠は患者さんが自分で着脱方向をさだめて、簡単に取り外せるものとなっています。
s4 s5
s6
取り外しは簡単で、しかも人前ではずさなければ
絶対に入れ歯とはわからないところがすごいところです。
こちらは入れ歯をはずした時の裏側です。 外冠と呼ばれる入れ歯の内側には純金のキャップが一体化されています。
AGCテレスコープコーヌスデンチャーの利点〉
・支えとして使用する歯に負担がかかりにくく、歯にやさしい入れ歯です。
・バネがないので、入れ歯であることが他人にわかりません。
・支えに使っている歯が治療・抜歯となった時にも、簡単な処置で安価に修理して、長期間作り直しをせず使えます。 s8s9
s10



Aさんも自分の歯のように噛めてとても嬉しいと喜ばれていました。
今では噛めないものはないそうです!
医療法人社団光栄会 ハート歯科クリニックいまい
http://heart-dental.jp/
スポンサーサイト
[2013/03/28 16:47] | 義歯 | コメント(0) | page top
<<ホワイトニング~1本だけ白くするには~ | ホーム | 国際先進学際歯科学会 アジア部会 in 広島>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。