FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
感染根管処置
飯塚市のハート歯科クリニックいまい(矯正歯科、小児歯科、インプラント、審美歯科)です。
今回は、根っこの治療(感染根管治療)の症例をご紹介いたします。


20代女性のNさん。
左上の歯に違和感があるということで来院されました。
矢印の根っこの先には黒い影があり、細菌(膿)が溜まっている状態でした。
図1

図9
術中レントゲン根っこの長さを測り、古い材料を除去します。
術中レントゲン古い材料が除去できているか確認します。

図10
術後レントゲン最終的な薬が根っこの先まできちんと入っています。
予後の確認術後2年、根っこの先の黒い影が治癒しています。

図8
比較してみると根っこの先の黒い影が治っています。



膿の大きさによっては治療期間が長くなったりしますが、
細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり被せものをすると、
後々トラブルが出てきて大変な思いをすることになります。

歯の基礎となる根管治療は非常に重要な治療なのです。

スポンサーサイト
[2013/01/22 18:56] | 治療 | コメント(0) | page top
<<バレンタインデー スタッフからいただきました! | ホーム | 読書のチカラ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。