FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
あなたはこれからも歯を失い続けますか?
患者さん 「えっ 歯ぬいちゃうんですか?」
私    「うん どうしても残せないんだよ。私も歯を残してあげたいんだけど・・・」
患者さん 「抜かれたくないな・・・」

こんな会話が歯科医院の中で毎日のように繰り広げられます。
患者さんも、はじめて歯を抜かれる方、年々歯が少なくなり歯を抜かれる方
その状況はさまざまです。

私ももちろん歯を抜きたくはないのです。
私の仕事は、「歯を抜く事ではなく、歯を守る事」だからです。
本当に今、歯をとっておかないと今後本当に大変になってしまうので
仕方なく歯をとってしまうのです・・・・

だけど、抜かれてしまう歯は本当に助からなかったのでしょうか?
なんとか、抜かれずに済まなかったのでしょうか?
過去にさかのぼるとしたら、どんな手立てがあったのでしょうか?

歯がなくなるという事は、動物でいうと牙がなくなることと同様です。
動物に例えて悪いのですが、人間も動物のひとくくりです。
動物は牙がなくなるとどうなるでしょう!?

例えばライオンなら?
牙がなければ、獲物を捕らえることができません。
もちろん、捕らえたとしても食べることもできません。
敵のライオンが襲ってきても、牙がないため、負けてしまいます・・・

そうです、動物の世界では歯がなくなる
イコール 「死」に近づいてしまうのです。
人は歯がなくなったとしても、歯科医院があるので
ブリッジや入れ歯、インプラントなどで失った歯を補うことができます。

けれど、人にとっても歯が1本でもなくなるということは
肉体的にも、精神的にもショックなことなのです・・・


しかし、どんどん歯を失い続けると
私たち歯科医師でも,どうすることもできないのです。

では、どうしたら年々歯を失い続けずに済むのでしょうか?
解決策は「予防歯科です」
今までは歯が悪くなって、痛くなって歯科医院に通ってませんでしたか?

ハート歯科クリニックいまいでは、定期的3~4か月に1度のメンテナンス受診をおすすめしています。
開業して10年過ぎましたが、定期的受診の患者さんがかなり増えました。

①3~4か月のお口の中の検査、歯石取り、ブラッシング指導、クリーニングだけを行います。
②治療ではありませんので、歯科衛生士が担当いたします。
③メンテナンス受診回数は2~3回です
④歯周病や虫歯のリスクが高い箇所はレントゲンで確認します。

これだけで各段に将来、歯を失う本数は減ります。
メンテナンスを行うことで
お口の中の虫歯菌、歯周病菌は減り、お口の環境は良好になります。
メンテナンス終了した患者さんの多数言われる言葉は

「口の中がすっきりした!! 歯がつるつるになった!!」です。

メンテナンスを受けていないお口の中は、なんだか、ベタベタするし、歯もザラザラ
そんなお口の環境を続けていれば、虫歯、歯周病になるのは当たり前なのです。
実際に、完璧にブラッシングができて、磨き残しがない人など
ほとんどいません・・・

だから、全員の人のメンテナンス受診が必要だと考えます。

一日に1時間も乗らない車だって、1年に2回くらいはオイル交換するし、1年に何回も洗車もするでしょう
車を維持していくには、手間もかかるし、お金もかかります。
車は最悪、ダメになっても、買い替えることができます。

歯は24時間使います(食事したり、しゃべったり、夜中くいしばったり)
そんな歯をメンテナンスもせずに、使いっぱなし、磨けていない状態。
歯は最悪失ってしまうと、買い替えることができません。

お口の健康は車などの物と比較しても、本当に重要なことなのです。

以下はよくある患者さんからのご質問です。

Q、費用、回数はどれくらいかかりますか?
A、回数は2~3回で、費用はレントゲンなどとらなければトータル3000円ちょっとくらいです。

Q、私はまだ若いのでだいじょうぶ。今でなくても・・・
A、若い人でも、予防歯科、メンテナンスは重要です。残念ながら、ほとんどの人が歯を磨けていません。
  そんな状態では歯に着色もつきますし、口臭も発生します。
  1本でも治療を受けた歯は決して、歯が治っている状態ではなく、悪い言い方ですが修理している状態
  なので、その状態が永遠に続くわけではありません。
  メンテナンスは10代からでも必要なのです。

Q、メンテナンスにくれば絶対悪くならないの?
A、残念ですが、絶対悪くならないとは言い切れません。
  特に、一度治療をしている歯などは突然銀歯が外れたり、歯根にヒビがはいったりすることもあります。
  また、かなり昔に神経を取って根っこの治療がしている歯などは、噛むと痛い、
  根っこの部分がはれてくるなどの症状がでてくることもあるのです。
  
  それは、いくらレントゲン撮影や、検査をしてもわからない微小なヒビが歯には入っていることがあるのです
  
  正直に言いますと
  経過観察してた慢性的な根っこの病気を抱える歯が、メンテナンス終了した1週間後に急性化して
  「噛むと痛い、はれてきた。」という経験もしたことがあります。
  
  また、メンテナンス終了後、2~3日して「銀歯がとれました」ということもありました。
  そういうような、私たちの予想を超えるようなことが起こることも事実です。

  私は、その様な事を経験し理解した上でも、
  お口の中のトラブルのリスクを減らすという意味において定期検査や、メンテナンスはすべきだと考えていま  す。


Q、ハート歯科クリニックでのメンテナンスは特徴的なの?
A、メンテナンスにおいては、プロフェッショナルな歯科衛生士またはドクターが担当いたします。
  メンテナンスの度に、患者さんのお口の検査を行います。
  レントゲンやお口の中の写真はデジタルでPC保存管理され、過去の状態とすぐ比較することができます。
  
  例えば、10年前に初めて当院に来院された時のお口の状態と「今」とを比較し、歯周病の進行具合を経年的  に知ることができるのです。

  お子様の歯並びなどは、1~2年ですごく変化することがありますので、お口の状態を写真でデータ管理して  おくことは必須です。
  将来のお口の健康を守るため、ハート歯科では定期的なレントゲン撮影や、カメラによる写真撮影をしデータ  を記録しているのです。
  
Q、歯のクリーニング(PMTC)って何?
A、メンテナンス終了前に特殊なフッ素入りペーストを使用し、歯をつるつるに磨きます。
  これで歯の表面の着色が落ち、歯周病菌や虫歯菌が付きにくい状態になります。
  東京や大阪など都会においては、クリーニング処置は自費診療となり
  5~6千円位費用がかかる医院も珍しくありません。
  現在のところ、当院においては、歯石除去後のクリーニングとして考えていますので
  健康保険を適用し費用があまりかからず受けることができています。

スポンサーサイト
[2012/09/19 07:55] | 未分類 | コメント(0) | page top
<<Aちゃんの全額矯正(八重歯のケース) | ホーム | 41歳誕生日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。