FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
⑦インプラントを歯周病から守る?!
こんにちは!!
福岡県飯塚市にある
ハート歯科クリニックいまい(インプラント・審美歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科科)の院長の今井 光です。
現在歯科治療において、インプラント治療はかなり普及してきました。
ここでは、インプラントの情報を発信してまいりたいと思います。


   「総入れ歯にすると、入れ歯をつけている部分のあごの骨が、年間0.5ミリずつやせていきます。
      つけているだけで、2年間に約1ミリもやせてしまうのです。」


総入れ歯というとみなさんどんなイメージをいだくでしょうか?
残りの歯が少なくなってくると、

たまに患者さんから
「先生、全部歯をぬいて総入れ歯にしてください!!そっちが楽だから!!」
と冗談まじりに言われることがあります。

しかしながら、実際総入れ歯にすると、歯があった頃と比較して
最大限よくかむことができたとしても
50%しかかめないのです。

総入れ歯になった方からの多くの意見・苦情は
「良くかめない、痛い、浮き上がる」などです。

また、日々の歯科診療で
「くっつきが良く」 「良くかめる」総入れ歯をつくることには
「至難の業」 「熟練の業」の技術を要求されるのです。
ましてや、歯科保険の限られた材料の中で、良くかめる総入れ歯をつくるのは
かなり厳しいのが現実です。


これを克服するために開発されたのが、
入れ歯の下にインプラントを数本(2~4本)埋め込み強固に固定するシステムです。
これによって、入れ歯は浮き上がらずしっかりと奥歯でかむことができ
快適な食生活・生活ができるのです。
menu03_img01図

私は、このシステムをハート歯科で取り入れるようになってから
患者さんから

「大きく口を開けて笑うことができる!」
「固いものなんでも食べれるよ。」
「早くすれば良かった!」
bg_h1_category_indexライオン2

などの感想や意見を多数いただいております。

つぎは、当院においてインプラントを終了したある患者さん(50代女性)
から頂いたアンケートの文章です。

「最初、ハート歯科に来る前は、上 下の部分入れ歯の調子が悪く、口の中がピリピリして自律神経失調症
 になっていました。先生と相談した結果、下の歯がインプラントできるそうでしていただきました。最初
 はかなり心配でしたけど、手術中はほとんど覚えていなくて(静脈麻酔)いびきをかいていたみたいです
 (笑)。術後の仮の入れ歯の調子もよくて口の中は全く違和感ありませんでした。
 現在、おかげさまで発音もしやすいし、食事もよくかめています。
 先生! 看護婦さん!! 本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
 インプラント バンザイ!」

患者さんは、当院にははじめは電話での相談でした。今でも覚えているのですが、ヒステリックな声で
金属アレルギーであると訴えておられました。
一度来院することをおすすめして、電話をその場はきりました。

その後、来院はなかったのですが、しばらくのち当院へ受診されました。
患者さんのお口の中を早速拝見すると
チタンの入れ歯を他院にて入れてこられました。
金属アレルギーということで、一番アレルギー反応が少ないと言われるチタンの義歯を他院にて
すすめられ入れたそうです。
しかし、なかなか口の中がヒリヒリするのがとれず、当ハート歯科へ来院されました。
のちの話ですが、その前は某大学病院へも受診していたそうです。

当院で検査して、私は金属アレルギーではなく
奥歯がなくなって、かみ合わせが悪くなり、いれ歯があたってヒリヒリしていると診断いたしました。
そして、かみ合わせが悪くなり精神的にも不安定になりヒステリー症状になってしまっていたのです。

患者さんにその事を説明しましたが、はじめはなかなか御理解していただけませんでした。
かみ合わせをよくすることで症状が改善するであろうこと、そしてそのためには
奥歯にインプラント治療する必要があることを説明しました。
今思うと、いや、ほとんど説得に等しかったのではないかと思います。

そして、4本のインプラント治療にいたりました。

インプラント治療もすすんでくると、良く奥歯でもかむことができ精神的にも安定されていきました。
声のトーンも落ち着き、心なしかお顔もふっくらして穏やかな表情になりました。

患者さんに、インプラント治療前の状態をふりかえりたずねると

「あの頃は、なんだか精神的に常にイライラしてどうにかなりそうでした・・・・」

とコメントを頂きました。

今回のこの難しいケースも、インプラント治療を応用することで解決することができるのです。

昔は、私自身も、入れ歯の治療となると難しい仕事の一つでしたが
インプラント治療を応用することで、比較的楽に解決することができると考えております。
スポンサーサイト
[2010/02/02 13:06] | インプラント | コメント(0) | page top
<<日本口腔インプラント学会参加 | ホーム | ⑥歯周病をインプラントから守る?!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。