FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
②インプラントを歯周病から守る?!
こんにちは!!
福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(インプラント・審美歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科)
の院長の今井 光です。


現在歯科治療において、インプラント治療はかなり普及してきました。
ここでは、インプラントの情報を発信してまいりたいと思います。


「健康な歯を削るのは、もったいない!!」

「ブリッジ固定式は使い勝手はいいのですが、8年弱で5割(50%)がダメになっています。
 ブリッジの土台にしなければ、これから20年・30年と使えたかもしれないのに・・・
 今は健康な歯でも歯を削ると、歯の寿命を縮めることになるかもしれません。」


思いおこせば、
私が大学を卒業してくらいの頃は、まだ現在のタイプのインプラント自体が普及していない時代でした。
歯を抜くことになれば、

その後の治療は
抜いた歯の両隣の歯を健康な状態であっても削り、場合によっては
神経をぬいてでも、ブリッジ固定式を入れていました。

歯科大学においては
健康な歯は、絶対に傷つけてはいけない
と教育されていました。

しかし、臨床現場においては実際にはブリッジを入れるために
どんどん健康な歯を削っている・・・
自分の心の中で、かなりの矛盾を抱えながら
毎日の歯科診療を行っていました。

その後、私自身がインプラント治療に出会いました。
ブリッジを選択せず、インプラント治療を選択した場合には
健康な歯は削らずにすむようになりました。
(もちろん十分な検査をした上でですが。)

インプラント治療によって、患者さんは健康な歯を削られずにすみ
私自身も、患者さんの大事な歯を無用に削るストレスから解放された気持ちになっています。
スポンサーサイト
[2010/01/04 23:50] | 未分類 | コメント(0) | page top
<<③インプラントを歯周病から守る?! | ホーム | 今年も夢手帳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。